NEWS

ニュース

LMC Client Interview

この度、LMCとお仕事をさせていただいているお客様より、
日頃LMCに対して感じている印象などざっくばらんにお話を伺いました。

三和エステート株式会社

井上様

狙いだった業務効率化はもちろん、営業戦略にもデータを活用しています。

 

Questionコールセンター事業でお取り組みさせていただいていますが、LMCに依頼をするきっかけはどんなものでしたか?

依頼のきっかけは、おもに業務の効率化です。
東京オフィスは福岡に比べて管理戸数は多くないので、
人材を採用するより、既存のスタッフでどう円滑に業務を回すのかが課題でした。
電話対応に時間を取られることが多かったので、
その部分を外部に委託したいと考え依頼しました。

 

Question依頼をする前と後で、ギャップはありましたか?

もともと依頼をする際にやり取りをしていたのは別の担当だったのですが、引き継ぐ前はただ電話を取ってもらっているだけだと思っていました。
ですが、実際は受電したデータを蓄積していただいていて、
そのデータを様々な場面で活用することが出来ています。
業者訪問も、効果が高いエリアをデータから絞り込むことができるので、
とても効率よく出来るようになりました。
具体的なエピソードとしては、千葉の物件で空室が出て、早期に埋め戻さなければという状況で、コールセンターのデータを使って業者訪問をしたところ、次の日にすぐ申し込みが入ったこともありました。

Question印象深い案件やエピソードを教えてください。

以前は福岡の本社で勤務をしていましたが、業務に集中できないレベルで電話が多く効率が悪いと感じていました。
東京オフィスにきて、電話が鳴らないので効率よく仕事が出来るようになりました。
社内には賃貸管理の部門だけではなく、売買の部署など他の部門もあり、
賃貸管理宛の電話が大量にかかってくると、別部門の人間も電話対応しなければならなくなります。
コールセンターで電話を取っていただき、大量の電話対応から解放されたことで、
賃貸管理部門だけではなくオフィス全体の業務効率が上がっていると感じています。

QuestionLMCや担当コンサルに今後期待することは何ですか?

業務効率をあげる以外に、蓄積しているデータをより上手く使っていきたいと考えています。今後は東京オフィスの人材も増やしていく予定なので、より戦略的に業務を行っていく予定です。
また、コールセンターのシステム(LCS)がクラウド化されたことによって、データをすぐに確認できますし、オーナー様へ提出するレポートも簡単に作成できるようになったのでとても助かっています。
エンドユーザーのニーズを引き出したり、特定のデータを取るためにどのエリアを訪問するべきか選定したり等、管理だけではなく開発の部分でもコールセンターのデータを活用していきたいと期待しています。